メインメニューを開く

小泉 清明(こいずみ きよあき、1904年12月17日 - 1977年10月26日)は、日本生物学者

人物編集

長野県上田市生まれ。旧制上田中学(長野県上田高等学校)を経て、1928年京都帝国大学(のち京都大学農学部農林生物学科卒業。翌年、母校講師。理学博士(1935年)。

1930年台北帝国大学助教授1944年熱帯医学研究所所長、1949年岐阜師範学校(学制改革により岐阜大学教育学部教授1958年信州大学教授、1960年繊維学部長などを歴任し、1969年定年退官。

日本生態学会環境問題専門委員会委員長、長野県水質審議会委員、日本学術会議自然保護研究連絡委員会委員なども務める。木曽三川河口資源調査団長(1963年 - 1967年)。没後、叙従三位、叙勲二等瑞宝章

著書編集

  • 『川と湖の生態』(共立出版、1971年)
  • (共著)『蓖麻蚕ノ研究』(台湾農会、1941年)
  • (共著)『函数生物学』(裳華房、1929年)

参考文献編集

  • 小山長雄 「小泉清明先生の逝去を悼む」『日本応用動物昆虫学会誌』22(1): 47.
  • 『長野県人名鑑』信濃毎日新聞社、1974年