小西 増太郎(こにし ますたろう、1862年5月2日(文久2年4月4日)- 1940年昭和15年)2月10日)は、日本のロシア研究者、翻訳家。

経歴編集

備前国岡山県)出身。小西行長の流れをくむ家の出。ニコライ神学校卒。1886年(明治19年)西徳二郎に随行してロシアのキエフ神学大学に学び、のちモスクワ神学大学でグロート教授に心理学を学び、その紹介でトルストイと共同で「老子」のロシア語訳をおこなう。1893年(明治26年)帰国し、ニコライ神学校の教授。1895年(明治28年)尾崎紅葉と共同でトルストイの「クロイツェル・ソナタ」を「名曲クレーツエロワ」として訳し、『国民之友』に連載した。のち京都帝国大学などでロシア語を教えた[1]

親族編集

長男は小西得郎、次男の小西弓次郎は、倉田百三の妹・艶子と結婚した[2]

著書編集

  • 『実歴露国一班』警醒社 1896
  • 『露国文法大意』北海露語学校 1897
  • 『聖地パレスチナ』警醒社書店 1913
  • 『トルストイを語る』岩波書店 1936
    • 『トルストイを語る いかに生きるか』太田健一監修 万葉舎 2010

翻訳編集

  • 『トルストイ宗教小説集』訳 警醒社書店 1913
  • レフ・トルストーイ『生きる道』章華社 1936
  • トルストイ『幸福への道』章華社 1936
ロシア語訳
  • 『老子 トルストイ版』ロシア語訳 加藤智恵子, 有宗昌子共訳 ドニエプル出版 2012

脚注編集

  1. ^ 『日本近代文学大辞典』講談社、1984
  2. ^ 杉井六郎「小西増太郎覚書」