少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)は愛媛県大洲市菅田町大竹乙937番地2にある神社。同じ菅田町菅田にも同名の神社が存在する。

少彦名神社
Sukunahikona torii.JPG
少彦名神社 鳥居
所在地 愛媛県大洲市菅田町大竹乙937番地2
位置 拝殿:北緯33度30分0.73秒
東経132度33分44.62秒

参籠殿:北緯33度30分2.56秒
東経132度33分45.23秒

中殿:北緯33度29分52.364秒
東経132度33分43.059秒

御陵:北緯33度29分34.519秒
東経132度33分46.989秒
主祭神 少彦名命
別名 おすくな様、おすくなさん
例祭

春の大祭:4月15日

秋の例大祭:10月15日
地図
少彦名神社 (大洲市)の位置(愛媛県内)
拝殿
拝殿
参籠殿
参籠殿
中殿
中殿
御陵
御陵
テンプレートを表示

少彦名神社参籠殿はワールド・モニュメント財団によって2014年版「危機に瀕している世界のモニュメントリスト」に登録された。

参籠殿修復活動はユネスコアジア太平洋文化遺産保全賞の2016年最優秀賞を受賞した。

祭神編集

歴史編集

  • 1441年:(永享13年/嘉吉1年)宇都宮次郎太郎、少彦名神社へ扁額『少比古廟』を奉納[1]
  • 1583年:(天正11年)正岡宮内大輔、少彦名神社を再興[1]
  • 1934年:参籠殿建築される[2]
  • 2013年:ワールド・モニュメント財団によって2014年版「危機に瀕している世界のモニュメントリスト」に登録された。
  • 2014年6月4日:本格修復始まる。
  • 2014年6月11日:棟梁の男性が転落死し、修復中断。
  • 2014年8月1日ごろ:再発防止策を講じ、修復再開[3]
  • 2015年3月7日:参籠殿本体の修復工事を終え、竣工式を行う。
  • 2016年5月30日:参籠殿一棟(附 棟札及び板図)が市指定有形文化財に指定された[4]
  • 2016年9月1日:参籠殿修復活動がユネスコアジア太平洋文化遺産保全賞の2016年最優秀賞を受賞した[5]

祭礼編集

  • 4月15日 - 春の大祭
  • 10月15日 - 秋の例大祭

施設編集

  • 大鳥居
  • 参籠殿
  • 拝殿
  • 中殿
  • 本殿(御陵)

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集