メインメニューを開く
本来の表記は「尹愔」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

尹 愔(いん いん、? - 741年開元29年))は、玄宗時期に仕えた道士。四門助教の尹守貞の子。

博学であり、老子の学問に通じていた。若い頃に道士となり、玄宗が道教を好んだために推薦され、気にいられた。諫議大夫、集賢院学士兼修国史に任じられたが、固辞した。道士の服のまま、職務につくことが認められ、集賢・史館図書に任じられた。

伝記資料編集

  • 新唐書』卷二百 列傳第百二十五 「儒学下・趙冬曦伝」