屈辱(くつじょく、英:Humiliation)は、力ずくによってまたは自発的に社会的地位が低下していく様を人が感じる感情[1]プライド[要曖昧さ回避]の卑劣さであり、謙虚さ、卑劣さや服従に陥ったりする状態につながる。

ピローリー、イギリスの衣装(1805)から

脅迫、肉体的または精神的な虐待または欺瞞によって、あるいは人が社会的または法的に容認できない行為をしたことが明らかになった場合の恥ずかしさによってもたらされる。これに対し謙虚に解除強調する自我を手段として単独で求めることができるため、屈辱は直接的でそれを喜んでいる他人(複数可)を伴う必要がある。

心理的影響編集

罰と尋問の戦術編集

 
非三位一体カタリに絡んで燃焼されるアウト・デ・フェ(C。1495、と鉄環絞首刑ファルスは)、主宰サンドミニクによってパネルに、油ペドロ・ベルギート。
 
パリ1944年:ナチスとの協力で告発された女性は、裸足で通りをパレードにだされ、髪を剃られ、顔に卍の焼け跡があります

より広い人間の視点編集

脚注編集

  1. ^ Burton, Neel. "The Psychology of Humiliation." Psychology Today. 27 August 2014. 10 October 2016.

参考文献編集

  • Lindner, Evelin (2010). Gender, humiliation, and global security: dignifying relationships from love, sex, and parenthood to world affairs. Contemporary Psychology Series. Santa Barbara, California: Praeger. ISBN 9780313354861 Lindner, Evelin (2010). Gender, humiliation, and global security: dignifying relationships from love, sex, and parenthood to world affairs. Contemporary Psychology Series. Santa Barbara, California: Praeger. ISBN 9780313354861  Lindner, Evelin (2010). Gender, humiliation, and global security: dignifying relationships from love, sex, and parenthood to world affairs. Contemporary Psychology Series. Santa Barbara, California: Praeger. ISBN 9780313354861 
  • Miller, William Ian (1993). Humiliation and other essays on honor, social discomfort, and violence. Ithaca: Cornell University Press. ISBN 9780801481178 Miller, William Ian (1993). Humiliation and other essays on honor, social discomfort, and violence. Ithaca: Cornell University Press. ISBN 9780801481178  Miller, William Ian (1993). Humiliation and other essays on honor, social discomfort, and violence. Ithaca: Cornell University Press. ISBN 9780801481178 
  • Whisnant, Rebecca (July–September 2016). “Pornography, humiliation, and consent”. Sexualization, Media, and Society (Sage) 2 (3): 237462381666287. doi:10.1177/2374623816662876. 
  • ヘンリソン、ディーン(2014)。 「少女ファイティング露出。 ″ Createspace。ISBN 978-1493767496ISBN 978-1493767496

外部リンク編集