メインメニューを開く
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
沖縄県道110号標識

屋我地大橋(やがじおおはし)は、沖縄県名護市真喜屋の奥武島(無人島)と同市屋我地島とを結ぶ全長約300mの沖縄県道110号線の橋である。1993年3月に完成した。

概要編集

初代の屋我地大橋は1953年に完成したが、1960年チリ地震の津波により橋の上部が流失。それから3年後の1963年に2代目が完成し、30年にもわたって沖縄本島と結ぶ重要な交通手段であった。

しかし、本土復帰後進む道路整備で幅員が5.5mと極端に狭くかつ歩道がなく交通安全上危険なため1990年代に入り現在の3代目を建設、1993年に完成した。3代目となる現在の橋は幅員が先代(2代目)の倍以上の12mと広く歩道も設置されており、先代とは比較にならないほど通りやすく、景観に合った現代的な橋となっている。

屋我地島は、屋我地大橋、奥武島と羽地奥武橋で沖縄本島と結ばれている。また屋我地島からはさらに古宇利大橋今帰仁村古宇利島に渡ることができ、屋我地島から今帰仁村側の沖縄本島に渡るワルミ大橋も開通した。ワルミ大橋開通までは古宇利島の住民が沖縄本島(今帰仁村中心部方面)に行くには屋我地大橋を経由しなければならなかった。

外部リンク編集