山中 幸満(やまなか ゆきみつ)は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将尼子氏の家臣。尼子十勇士の筆頭・山中幸盛の曾祖父。

 
山中幸満
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 不明
死没 永正3年5月3日1506年5月25日
別名 通称:十四郎
戒名 乗雲
主君 尼子清定経久
氏族 山中氏
父母 父:山中幸久、母:桜井尾張守為信
兄弟 幸秀幸満
川副光氏
勝重満重古志判官光政
テンプレートを表示

経歴編集

長禄元年(1457年)、尼子清定により幽閉され55歳で病死した父・山中幸久の後を継ぐ。尼子氏当主の清定とまだ対立していたものの仕える事を許された。

家督継承後の事績は不明であるが、子・勝重がまだ若年である為、月山富田城奪取戦に参加したと推測される。戦後、当主・尼子経久富田城に入城し、幸満と勝重を家老に任じた。永正3年(1506年、死去。

なお、『佐々木文書』には山中氏始祖・山中幸久の存在は無い。

出典編集

  • 妹尾豊三郎『出雲富田城史』 山中鹿介幸盛公顕彰会、1978年 山中家系図より
  • 米原正義 編『山中鹿介のすべて』(新人物往来社)、1989年