メインメニューを開く
読売新聞社『家庭よみうり』334号(1953年)より

山室 民子(やまむろ たみこ、1900年(明治33年)9月18日 - 1981年(昭和56年)11月14日)は、日本救世軍大佐補である。文部省の最初の女性視学官

目次

略歴編集

山室軍平山室機恵子の長女として生まれる。東京市女子学院で学び、東京女子大学に入学するが、病気のため南湖院に入院し2年間休学する。

東京女子大学卒業後にアメリカカリフォルニア大学に留学する。1937年(昭和12年)9月にロンドンの救世軍士官学校に入学する。1938年(昭和13年)に万国士官学校、万国本営編集部に勤める。1939年(昭和14年)に帰国する。

救世軍士官学校や救世軍社会部、士官雑誌係などをへて、1954年(昭和29年)2月に『ときのこえ』の編集者になる。1946年には、宮本百合子佐多稲子山室善子(民子の姉妹、婦人之友記者、友の会中央委員、自由学園教師)らと共に婦人民主クラブを結成している。

1959年(昭和34年)に大佐補に昇進し、書記長官に任じられる。文部省初の女性視学官になる。また、国際基督教大学評議員、東京女子大学理事も務める。1962年(昭和37年)の引退後も引き続き本部付になる。

著書編集

  • 聖書ものがたり
  • 聖地ものがたり
  • 聖地に咲いた花

論文編集

参考文献編集

  • 『日本キリスト教歴史大辞典』教文館、1988年