山崎 俊雄(やまざき としお、1916年1月29日 - 1994年4月16日)は、日本の技術史学者、東京工業大学名誉教授石川県出身。東京工業大学卒業。日本科学協会の『科学知識』編集者。1967年東京工業大教授。1976年広島大学教授。1979年阪南大学教授。1987年退任。1987年明治村賞受賞。産業考古学会を創立。

著書編集

  • 『化学技術史 大工業と化学技術 科学史大系』中教出版 1953年
  • 『工業と日本 私たちの社会科教室』三十書房 1957年
  • 『技術史 日本現代史大系』東洋経済新報社 1961年
  • 『社会科学習シリーズ 工業と日本』国土社 1967年

共編著編集

翻訳編集

  • ピーチ『都市』白揚社 1953年
  • マクローリン『電子工業史 無線の発明と技術革新』大河内正陽共訳 白揚社 1962年
  • エドワード・L・スローム、ジェイムズ・S・クレンショウ『自動車の歴史』ベースボール・マガジン社 1964年
  • ロベール・スラール『図説=科学の歴史 第2巻 機械の歴史』長谷川淳共訳 恒文社 1965 年
  • A.A.ズヴォルイキン他『技術の歴史 ソビエト科学アカデミー版』橋本等小林茂樹共訳 東京図書 1966年
  • クールトラント・カンビー『図説=科学の歴史 第12巻 ロケットの歴史』恒文社 1966年
  • クールトラント・カンビー『図説=科学の歴史 航空の歴史』長谷川淳共訳 恒文社 1966年
  • アグリコラ『デ・レ・メタリカ 近世技術の集大成―全訳とその研究』三枝博音訳著 山崎編 岩崎学術出版社 1968年
  • シュハルヂン編『現代科学技術革命論』金光不二夫共訳 大月書店 1974年
  • ソ連邦科学アカデミー自然科学史・技術史研究所、チェコスロヴァキア科学アカデミー哲学・社会学研究所、ソ連邦科学アカデミー哲学研究所編『人間―科学―技術 科学技術革命のマルクス主義的分析』中峯照悦共訳 大月書店 1975年

参考編集

  • デジタル版日本人名大事典:[1]
  • 山崎俊雄教授略歴・研究業績 (山崎俊雄教授退任記念号) 阪南論集、社会科学編 1987年3月