山崎 信之郎(やまざき しんしろう、1947年3月4日 - )は日本の防衛官僚。

人物 編集

東京都出身。1972年東京大学経済学部卒業。1974年防衛庁入庁。1980年防衛施設庁労務部労務企画課部員。各課部員を経て、1990年防衛施設庁施設部施設対策第三課長。その後防衛庁長官官房総務課長、広島防衛施設局長、那覇防衛施設局長、国際平和協力本部次長を経て2005年運用局長(2006年運用企画局長に再編)。守屋武昌の後任の事務次官に名前も挙がったが[1]退官。

略歴 編集

  • 1972年3月 東京大学経済学部卒業
  • 1974年4月 防衛庁入庁 長官官房総務課
  • 1974年5月 防衛局防衛課
  • 1975年5月 長官官房広報課
  • 1976年12月 通商産業省機械情報産業局通商課
  • 1979年4月 防衛局計画官付部員
  • 1980年8月 防衛施設庁労務部労務企画課部員
  • 1981年4月 防衛局計画官付部員
  • 1982年12月 長官官房総務課部員
  • 1983年6月 防衛局調査第二課総括·分析班部員
  • 1984年5月 防衛局調査第二課総括·分析班長
  • 1985年4月 長官官房総務課付
  • 1985年6月 在アメリカ合衆国日本国大使館一等書記官
  • 1988年7月 装備局管理課部員
  • 1989年6月 長官官房企画官(兼)装備局管理課
  • 1990年7月 防衛施設庁施設部施設対策第三課長
  • 1992年6月 防衛局調査第二課長
  • 1994年7月 防衛局運用課長
  • 内閣官房内閣安全保障室内閣審議官兼内閣総理大臣官房参事官
  • 1998年 長官官房総務課長[2]
  • 1999年 広島防衛施設局長
  • 2000年 那覇防衛施設局長
  • 2002年 内閣府国際平和協力本部事務局次長
  • 2004年 防衛施設庁総務部長
  • 2005年 運用局長[3]
  • 2006年7月 運用企画局長
  • 2007年8月 退官
  • 三菱電機電子システム事業本部顧問

同期 編集

  • 清水繁(福岡防衛施設局長)、冨永洋(防衛施設庁技術審議官)、戸田量弘(防衛研究所長)らがいる。

脚注 編集

先代
野津研二
防衛庁防衛局運用課長
1994年 - 1995年
次代
金沢博範
先代
新設
防衛省運用企画局長
2006年 - 2007年
次代
髙見澤將林