山形 浩史(やまがた ひろし 1962年 - )は、日本の原子力規制官僚。長岡技術科学大学教授大阪府出身。

人物・経歴編集

1985年京都大学工学部原子核工学科卒業。1987年京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻修士課程終了。同年通商産業省入省。

2011年原子力安全・保安院安全基準統括管理官、2012年核燃料管理規制課長[1]を務め東京電力福島第一原子力発電所事故直後に東京電力本社に派遣され、原子力安全・保安院職員や東電技術者を指導して事故の収束に当たる。

2012年原子力規制庁国際課長[2]、2013年安全規制管理官[3]、2016年規制総括官、2017年審議官[4]、緊急事態対策監[5]。福島第一原発の監督、原子力発電の再稼働に関する安全審査の見直し、原子力事故の対策を行った。2021年退職[6]長岡技術科学大学教授[7]

脚注編集

  1. ^ 人事、経済産業省” (日本語). 日本経済新聞 (2012年4月2日). 2020年4月20日閲覧。
  2. ^ 【原子力規制庁人事】”. www.jaif.or.jp. 2020年4月20日閲覧。
  3. ^ 人事、原子力規制庁」『日本経済新聞』、2015年1月16日。2019年11月14日閲覧。
  4. ^ 第2回フォーラムの登壇者情報” (日本語). 第4回福島第一廃炉国際フォーラム(1FDIV) (2019年4月4日). 2020年4月20日閲覧。
  5. ^ 人事、原子力規制庁」『日本経済新聞』、2017年7月4日。2019年11月14日閲覧。
  6. ^ 人事 原子力規制庁” (日本語). 毎日新聞. 2021年7月2日閲覧。
  7. ^ 研究者詳細 << 検索結果一覧に戻る * English* 大学院工学研究科 システム安全工学専攻 安全管理講座 写真 教授 山形 浩史 (ヤマガタ ヒロシ) YAMAGATA Hiroshi 原子力安全・システム安全棟 612 E-mail】 メールアドレス URL】 http://safety-management.na.coocan.jp/ 経歴
先代:
大村哲臣
原子力規制庁緊急事態対策監
2017年 - 2021年
次代:
金子修一