メインメニューを開く

山形県立新庄南高等学校金山校(やまがたけんりつ しんじょうみなみこうとうがっこうかねやまこう、Yamagata Prefectural Shinjo Minami High School Kaneyama Branch School)は、山形県最上郡金山町大字金山にある県立高等学校。連携型中高一貫校である。

山形県立新庄南高等学校金山校
Yamagata Prefectural Shinjo Minami High School Kaneyama Branch School 1.jpg
過去の名称 山形県立金山高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 山形県の旗 山形県
学区 北学区
校訓 気魄・節度・体力
設立年月日 1948年4月1日
創立記念日 5月10日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 連携型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 06125F
所在地 999-5402
山形県最上郡金山町大字金山248-2
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
山形県立新庄南高等学校金山校の位置(山形県内)
山形県立新庄南高等学校金山校

目次

設置学科編集

連携型中高一貫校編集

沿革編集

部活動編集

体育系
  • スキー
  • ソフトテニス
  • バドミントン
  • ボート
文化系
  • 家政
  • パソコン
  • 茶華道
  • ボランティア

分校化問題編集

山形県教育委員会が示した公立高等学校再編整備計画では、「1学年2学級規模の学校において、入学者が定員の2/3未満となった年度が2回となった場合、その翌年度には1学級減らし、更にその2年後に分校化する。分校となった場合は、原則としてその後の入学者募集を停止する。」という方針があり、金山高(当時)は200607年度入学者数が、定員80人に対して2/3未満となったことから、分校化対象高校へ指定された。これを受けて金山高出身者らで構成される金山高等学校を存続させる会は、2007年8月2日に「現状のままの存続」を求める要望書を県教委へ対して提出した。2007年8月7日、県教委は、当面は入学者定員を現状規模の2学級80人とし本校として継続するとした。また、今後入学者数が40人程度となった年度が3年間続いた場合、その翌年度より1学級減らすとした。

そして2014年度より新庄南高校の分校となることが決まった[1]

著名な出身者編集

交通編集

注釈編集

関連項目編集

外部リンク編集