メインメニューを開く

山本 正(やまもと ただし、1947年5月1日 - )は、日本政治家京都府宇治市長(第17・18代)。京都府議会議員(4期)、宇治市議会議員(3期)、民主党京都府連幹事長等を務めた。

山本 正
やまもと ただし
生年月日 (1947-05-01) 1947年5月1日(72歳)
出生地 日本の旗 京都府与謝郡野田川町(現与謝野町
出身校 京都府立朱雀高等学校
前職 関西電力従業員
所属政党民主党→)
無所属
公式サイト 市長の部屋 - 宇治市公式ホームページ~宇治茶と源氏物語のまち~

Flag of Uji, Kyoto.svg 第17・18代 京都府宇治市長
当選回数 2回
在任期間 2012年12月19日 - 現職

選挙区 宇治市久世郡選挙区
当選回数 4回
在任期間 1999年4月30日 - 2012年

当選回数 3回
在任期間 1987年4月30日 - 1999年
テンプレートを表示

概要編集

京都府与謝郡野田川町(現与謝野町)生まれ[1]1963年関西電力に入社[1]1968年京都府立朱雀高等学校卒業[1]。関西電力在職中は、関電労組の役員も務めた[2]

1987年宇治市議会議員選挙に出馬して初当選し、1999年まで宇治市議を3期12年務めた[1]1999年京都府議会議員選挙に鞍替えして宇治市久世郡選挙区で当選し、2012年まで4期13年務めた[1]。府議時代は民主党に所属し、同党京都府連幹事長を務めた[2][3]

2012年12月16日投開票の宇治市長選挙に民主党の推薦に加え、同党所属の宇治市議6名や連合傘下の労働組合の支援を受けて出馬し、当選した[4]。また同日、投開票が実施された第46回衆議院議員総選挙では民主党逆風の下、宇治市を含む京都6区で民主党前職の山井和則自由民主党新人の安藤裕を破り、再選を果たした。

2016年10月、再選を目指して12月の宇治市長選挙に出馬する意向を表明[2]民進党の推薦を受けた現職の山本[5]に加え、自民・公明両党が推薦する元自民党京都府連事務局長、日本共産党が推薦する同党洛南地区委員長が出馬したが[6]、「市民ファースト」を掲げた山本が2候補を破り、再選を果たした[7][8]

趣味はソフトテニス、スポーツ観戦[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f プロフィール - 宇治市公式ホームページ~宇治茶と源氏物語のまち~
  2. ^ a b c “京都・宇治市長選、山本氏再選出馬へ”. 京都新聞. (2016年10月15日). http://京都新聞.jp/politics/article/20161015000020 2017年9月17日閲覧。 
  3. ^ “京都府議選:開票結果:統一地方選2011:地方選:選挙:YOMIURI ONLINE(読売新聞)”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/local/2011/kaihyou/yh26.htm 2017年9月17日閲覧。 
  4. ^ “民主推薦の山本氏、逆風しのぐ 宇治市長選 京都”. 朝日新聞. (2012年12月18日). http://www.asahi.com/area/kyoto/articles/OSK201212170171.html 2016年3月3日閲覧。 
  5. ^ “現職と新人、3氏が舌戦 京都・宇治市長選、11日に投開票”. 京都新聞. (2016年12月9日). http://kyoto-np.co.jp/politics/article/20161209000134 2017年9月17日閲覧。 
  6. ^ “現職と新人2人が立候補表明 京都・宇治市長選、4日に告示”. 京都新聞. (2016年12月2日). http://kyoto-np.jp/politics/article/20161202000151 2017年9月17日閲覧。 
  7. ^ “選挙:宇治市長選 山本さんが再選 「市民ファースト」前面に/京都”. 毎日新聞. (2016年12月13日). https://mainichi.jp/articles/20161213/ddl/k26/010/602000c 2017年9月17日閲覧。 
  8. ^ “現職・山本氏が再選 京都・宇治市長選、自公推薦候補ら破る”. 京都新聞. (2016年12月11日). http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20161211000119 2017年9月17日閲覧。 

外部リンク編集