山村 雅之(やまむら まさゆき、1953年3月30日 - )は、日本の実業家NTT東日本代表取締役社長を経て、電気通信協会会長。

人物・経歴 編集

東京都出身。1971年東京都立戸山高等学校卒業[1][2]。1976年東京工業大学工学部電子物理工学科卒業[3]。1978年同大学院理工学研究科電気工学専攻修士課程修了[4][5]。学生時代はラグビーキャプテンを務めた[1]

大学院修了後、日本電信電話公社入社。中期経営戦略推進室担当部長を経て[5]、2005年東日本電信電話取締役東京支店長。2008年東日本電信電話常務取締役東京支店長。2009年東日本電信電話常務取締役ネットワーク[要曖昧さ回避]事業推進本部長[1]

2012年から東日本電信電話代表取締役社長を務め[1]、卸販売などで生産性向上を進め3年連続の最高益更新を実現するなどした[6]。2015年楽水会会長[7]。2018年東日本電信電話相談役[8]。2019年芙蓉総合リース取締役[9]。2020年電気通信協会会長[10]。2022年蔵前経営者懇話会代表幹事[11]

脚注 編集

先代
江部努
NTT東日本社長
2012年 - 2018年
次代
井上福造
先代
遠藤信博
楽水会会長
2015年 - 2016年
次代
古関義幸
先代
和才博美
電気通信協会会長
2020年 -
次代
先代
井戸清人
蔵前経営者懇話会代表幹事
2022年 -
次代