山根 寛(やまね ひろし)は、元京都大学医学部教授、医学博士。「拾円塾」の主催者で、共同作業所授産施設グループホームなどの創設や運営の支援を行う。

経歴編集

1972年広島大学工学部卒業。船の設計の傍ら、障害があっても町で暮らす運動「土の会」活動に従事する。1982年作業療法士の資格を取得し、精神病院で作業療法に従事する。1989年京都大学医療技術短期大学部助教授、2002年京都大学医学部教授を歴任した。

提唱する概念編集

  • こころのバリアフリーの街づくり
  • リハビリテーションは生活
  • ひとが補助具に

著作リスト編集

  • 精神障害と作業療法
  • ひとと作業・作業活動
  • ひとと集団・場
  • 食べることの障害とアプローチ
  • 作業療法学全書

関連項目編集