岡本経一

岡本 経一(おかもと きょういち、1909年3月25日[1] - 2010年11月15日)は、日本の出版人。

目次

人物編集

岡山県勝田郡勝間田町出身[2]

13歳で上京[3]額田六福の紹介で作家・岡本綺堂の書生となり、専検をとって法政大学の夜学に通う[4]。1930年、法政大学高師部国漢科卒業[5]

1937年に綺堂の養子となった[6]。1944年応召、戦後ソ連に抑留され、1947年復員[7]

1955年青蛙房を創業し、『綺堂日記』等、養父岡本綺堂に関する資料の編纂や出版などを手掛け、文庫版などの綺堂作品の解説も多く行っている。社名は綺堂の作品『青蛙堂鬼談』に由来する。

江戸時代の文化関連の出版により、青蛙房名義で1967年度の菊池寛賞を受賞している。

他にも6代目三遊亭圓生の自伝『寄席育ち』や宇野信夫等の著作の出版も行っている。

1990年に引退[8]。社業を子息に譲る。

2010年11月15日、急性心筋梗塞により死去[9]。101歳没。

著書編集

  • 綺堂年代記 同光社 1951/ 青蛙房 2006.7
  • 私のあとがき帖 青蛙房 1980.10/ オンデマンド版 2006.7
  • 半七捕物帳」解説 青蛙房 2009.3

賞詞編集

脚註編集

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  6. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  7. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  8. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  9. ^ 訃報:岡本経一さん 毎日新聞 2010年11月17日閲覧