メインメニューを開く

岡田 秀文(おかだ ひでふみ、1963年11月15日[1] - )は、日本小説家推理作家東京都生まれ[2]明治大学農学部卒業後、製薬会社に勤務[2]

岡田 秀文
(おかだ ひでふみ)
誕生 (1963-11-15) 1963年11月15日(56歳)
日本の旗 日本東京都
職業 小説家推理作家
教育 学士
最終学歴 明治大学農学部卒業
活動期間 2000年 -
ジャンル 時代小説推理小説
主な受賞歴 小説推理新人賞(1999年)
日本ミステリー文学大賞新人賞(2002年)
デビュー作 『本能寺六夜物語』(2001年)
テンプレートを表示

経歴編集

1999年、短編「見知らぬ侍」で第21回小説推理新人賞を受賞。2001年、『本能寺六夜物語』で単行本デビュー。2002年、『太閤暗殺』で第5回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。2015年、『黒龍荘の惨劇』で第15回本格ミステリ大賞候補、第68回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)候補。

作品リスト編集

単行本編集

  • 本能寺六夜物語(2001年10月 双葉社 / 2003年5月 双葉文庫 / 2013年9月 双葉文庫【新装版】)
  • 太閤暗殺(2002年3月 光文社 / 2004年3月 光文社文庫 / 2012年6月 双葉文庫) - 第5回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作
  • 影ぼうし(2002年1月 双葉社)
  • 見知らぬ侍(2004年1月 双葉社)
  • 落ちた花は西へ奔れ(2004年4月 光文社)
  • 魔将軍 室町の改革児 足利義教の生涯(2006年3月 双葉社)
    • 【改題】魔将軍 くじ引き将軍・足利義教の生涯(2009年6月 双葉文庫)
  • 城盗り藤吉郎(2005年3月 ハルキ文庫)
  • 最後の間者(2006年8月 ハルキ文庫)
  • 秀頼、西へ(2007年3月 光文社文庫)
  • 風の轍(2008年9月 光文社 / 2011年9月 光文社文庫)
  • 源助悪漢十手(2009年3月 光文社文庫)
  • 賤ケ嶽(2010年4月 双葉社)
  • 信長の影(2011年3月 双葉社)
  • 応仁秘譚抄(2012年5月 光文社)
  • 刺客 どくろ中納言 天下盗り、最後の密謀(2013年4月 幻冬舎
  • 関ヶ原(2013年7月 双葉社)
  • 伊藤博文邸の怪事件(2013年10月 光文社 / 2015年6月 光文社文庫)
  • 黒龍荘の惨劇(2014年8月 光文社)
  • 偽造同盟(2015年7月 幻冬舎)
  • 海妖丸事件(2015年9月 光文社)

アンソロジー編集

「」内が岡田秀文の作品

  • 小説推理新人賞受賞作アンソロジー2(2000年11月 双葉文庫)「見知らぬ侍」 - 第21回小説推理新人賞受賞作
  • 時代推理傑作選 御白洲裁き(2009年12月 徳間文庫)「まぶたの父」
  • 江戸迷宮 異形コレクション47(2011年1月 光文社文庫)「泡影」

雑誌掲載短編編集

  • 足利義昭 打倒信長を夢見た将軍(双葉社『小説推理』2009年9月号)
  • 消えた茶入(光文社『小説宝石』2009年12月号)
  • 蒲生氏郷 天下を夢見た猛将(双葉社『小説推理』2011年3月号)
  • 月輪犯罪捜査学講座
    • 高楼閣の失踪(光文社『ジャーロ』2015年春号)
    • 梶川家の誘拐(光文社『ジャーロ』2015年秋冬号)

脚注編集