メインメニューを開く

岩寺先史遺跡(アムサせんしいせき)は、大韓民国ソウル特別市江東区にある遺跡公園である。「岩寺洞先史住居址」として韓国の史跡に指定されている。

岩寺先史遺跡
Korea-Seoul-Amsadong-Neolithic.age-01.jpg
岩寺先史遺蹟地
岩寺先史遺跡の位置(ソウル特別市内)
岩寺先史遺跡
各種表記
ハングル 암사선사유적지
漢字 岩寺先史遺蹟地
発音 アムサソンサユジョクチ
テンプレートを表示

約6000年前の新石器時代から青銅器時代にかけての遺跡土器がこの地より発掘されており、1998年に一般公開化された。現在は屋外に、新石器時代の竪穴式住居が、屋内に原始生活展示館が設置されている。尚、竪穴式住宅は直接中に入れるようになっており、当時の生活の一面を窺い知れるようになっている。原始生活展示館は、出土した土器や竪穴式住宅の解説などが施されている。

入場料は大人500ウォン、子供は300ウォン。開場時間は午前9時30分から午後6時。毎週月曜日が休館。

交通アクセス編集

鉄道編集

ソウル特別市

関連項目編集

外部リンク編集