岩崎 吉一(いわさき よしかず、1935年 - 1994年6月13日)は、美術評論家。 福岡県北九州市八幡西区香月生まれ[1]。1963年学習院大学大学院美学美術史博士課程中退。61年より東京国立近代美術館勤務、企画資料課長、次長。在職中に死去。

著書編集

編著編集

脚注編集

  1. ^ 岩崎吉一 東京文化財研究所 2018年8月10日閲覧。

参考編集

  • 編著の略歴、死亡記事