メインメニューを開く
崎山武夫

崎山 武夫(さきやま たけお、1890年明治23年)11月15日[1] - 1934年昭和9年)5月11日[2])は、日本の衆議院議員立憲民政党立憲政友会)、鉄道官僚ジャーナリスト

経歴編集

鹿児島県鹿児島市に竪山吉太郎の二男として生まれ、崎山賢輔の養子となった[3]一年志願兵制度によって陸軍歩兵中尉に任じられ、1920年中央大学経済学部を、翌年に日本大学法律科を卒業した[3]。鉄道局書記、鉄道属、鉄道省嘱託を経て、やまと新聞記者となった[2]

1928年第16回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、3回連続当選を果たした。その他、南九州窯業株式会社取締役も務めた[2]

脚注編集

  1. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、34頁。
  2. ^ a b c 『衆議院議員略歴』
  3. ^ a b 『人事興信録』

参考文献編集

  • 『第一回乃至第十九回総選挙 衆議院議員略歴』衆議院事務局、1936年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。