メインメニューを開く

川村 惇(かわむら じゅん、文久元年12月3日[1]1862年1月2日) - 昭和5年(1930年4月11日)は、ジャーナリスト政治家教育者

経歴編集

常陸国(現・茨城県)出身。明治16年(1883年慶應義塾を卒業後、富山県師範学校校長兼任女子師範学校校長。明治19年(1886年)の教員集団辞職事件により辞任。

1898年(明治31年)に行われた第5回衆議院議員総選挙に茨城県郡部選出で当選し、憲政会所属(3回当選)。また、『静岡大務新聞』主筆を経て、玄洋社の機関紙『福陵新報』の創刊に携わり初代主筆に就任し、のちに『朝野新聞』主筆兼社長となる。ほか、台湾鉄道常務委員、帝国活動写真株式会社取締役となる。

脚注編集

  1. ^ 漆崎多四郎『貴衆両院議員名鑑』、1919年、p.6。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。