川田 靖子(かわた やすこ、1934年(昭和9年)12月16日 - )は、日本の詩人フランス文学者玉川大学名誉教授旧姓・松村。

兵庫県神戸市生まれ。1959年東北大学文学部仏文科卒、61年京都大学大学院文学研究科修士課程修了、玉川大学文学部講師助教授教授。2005年定年退任、名誉教授。1972年詩集『北方砂漠』で小熊秀雄賞受賞。2003-2013年日本キリスト教詩人会会長。

著書編集

  • 『北方沙漠 詩集』思潮社、1971
  • 『オーロラを見に 詩集』思潮社、1974
  • 『L’Ephemere』芸林書房、1989
  • 『立っている青い子供』芸林書房、1989
  • 『17世紀フランスのサロン サロン文化を彩どる七人の女主人公たち』大修館書店、1990
  • 『私はパリの老人病院実習生』青土社、2006
  • 『わたしの庭はわたしに似ている 川田靖子詩集』水声社、2006
  • 『我はまことの葡萄の木』教文館、2013

翻訳編集

参考編集

  • 『現代日本人名録』2002