メインメニューを開く

『工芸ニュース』(こうげいニュース)は、1932年(昭和7年)[1]商工省工芸指導所(後に工業技術院産業工芸試験所[2])の編集で創刊された、日本雑誌。戦時中は発行されなかったが、1974年(昭和49年)まで刊行された[3]

戦後の第19巻2号からは丸善株式会社出版部による発行[4]。休刊は第1次オイルショックの影響もあった模様[5]

先に発刊されていた『工芸指導』の普及版として発行され、国内外の工芸事情の紹介や工藝指導所の研究紹介を目的とした[6]

目次

戦時中の動向編集

昭和18年10月(第12巻第8号) - 昭和19年9月(第13巻第7号)は、「工芸指導」(後期)と名称を改めた。昭和19年10月より休刊し、昭和21年6月(第14巻第1号)から復刊[7]

変遷編集

[7]

発行所 
工政会出版部 昭和07年6月 01巻 第1号 昭和10年1月 04巻 第1号
工業調査協会 昭和10年2月 04巻 第2号 昭和19年4月 第13巻 第3号
高山書院 昭和19年5,6月 第13巻 第4号 昭和21年6月 第14巻 第1号
技術資料刊行会 昭和21年10月 第14巻 第2号 昭和26年2月 第19巻 第1号
丸善株式会社 昭和26年7月 第14巻 第2号 昭和49年7月 第41巻 第3・4号

脚注編集

外部リンク編集