メインメニューを開く

六代目 市川 團十郎(いちかわ だんじゅうろう、安永7年(1778年) - 寛政11年5月13日1799年6月16日))は天明から寛政の頃に活躍した歌舞伎役者。屋号成田屋定紋は三升。

六代目 市川(いちかわ) 團十郎(だんじゅうろう)
Danjūrō Ichikawa VI as Sukeroku.jpg
『助六』の花川戸助六
屋号 成田屋
定紋 三升 3ireko masu.svg
生年月日 1778年
没年月日 1799年6月16日
本名 徳蔵(幼名)
襲名歴 1. 市川德蔵
2. 四代目市川海老蔵
3. 六代目市川團十郎
俳名 海丸・五粒・三升・柏莚
出身地 江戸
五代目市川團十郎
二代目市川升蔵(里親)
和泉屋勘十郎(養父)
五代目市川團十郎(養父)
兄弟 すみ(姉)
七代目市川團十郎(養子、実は姉・すみの子)
当たり役
助六由縁江戸櫻』の花川戸助六

安永7年 (1778)、五代目市川團十郎の子として生れるが、妾腹だったためいったん門弟の二代目市川升蔵に引き取られ、そこから父のいとこにあたる芝居茶屋の和泉屋勘十郎の養子に入れられ、さらに天明2年(1782) に改めて父の養子として迎えられた。翌年、市川徳蔵を名乗って初舞台。同じ年に四代目市川海老蔵を襲名する。

寛政3年 (1791)、六代目市川團十郎を襲名。花やかな美男役者で人気が高かったが、同11年 (1799) に『助六』で当りを取ったのち、風邪をこじらせて急死してしまう。享年わずか22だった。