メインメニューを開く

市川 延女(いちかわ えんじょ、1868年明治元年) - 1944年昭和19年)9月11日)は、明治から戦前の歌舞伎役者。

明治5年 (1872) 十代目片岡仁左衛門に入り片岡久我松。のち三代目澤村田之助門下で澤村小田之。のち養子となり沢村曙山。養父の死後は二代目市川左團次門人となり市川延女と名乗る。九代目市川團十郎の一座で専ら腰元を演じたり、小芝居の宮戸座に出演したりしていた。のち関西に移籍し初代中村鴈治郎一座で老女形として活躍。

仮名手本忠臣蔵・六段目』のおかや、『双蝶々曲輪日記・引窓』のお幸などを得意とした。また昭和10年 (1935) 10月の明治座、『競伊勢物語』で初代中村吉右衛門紀有常に相方で小よしを演じて評判を呼んだ。品格に欠けるが老巧な芸であった。