メインメニューを開く

平上 信行(ひらかみ のぶゆき)は、神戸出身の日本武術史研究家。

東京新宿にて和科学々會を主催。

また日本伝統古流武術保存会を主催し、各流の研究と保存と秘伝書類の収集と翻刻、解読研究も推進している。

古流武術保存会は、無双直伝流居合術剣王会(無双直伝流居合)、武蔵二刀剣法神免会(武蔵二刀剣法)、古伝琉球拳法竜宮会(古傳琉球拳法)、古流柔術研鑽会(武州氣樂流柔術、大東流合氣柔術、無雙直傳流和義、三神荒木流捕手)、天然理心流剣術誠衛館(天然理心流剣術)、古伝秘武器術夢幻会などからなり、それぞれ独自の会組織として活動している。

月刊秘伝にて「武術秘伝書夢世界」を連載中。

武術小説家でもあり、論文、著作多数。

著書編集

共著編集

  • (笠尾恭二)『対談 発勁の秘伝と極意―中国拳法発勁秘伝と日本柔術当身秘法の実真を探る』 BABジャパン出版局、ISBN 978-4-89422-267-0
  • 笠尾恭二)『対談 秘伝剣術極意刀術―日本剣術と中国刀剣術 その興亡と流伝の秘密を探る』 BABジャパン出版局 、ISBN 978-4-89422-327-1
  • (大宮司朗)『古神道と古流武術―その奥秘を語る』 八幡書店、ISBN 978-4-89350-186-8

外部リンク編集