平井 貞誠明和6年(1769年) - 文化8年(1811年))は、初代平井信正からの平井家11世。加治田出身。俗称・三四郎、後に秦次。字は意仲。

概要編集

和歌及び茶道を好んで、茶道は京都千家宗室について学び、歌道も京都の師について学ぶ[1]

作品編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 富加町通史編 422頁

関連項目編集

外部リンク編集