メインメニューを開く

平 盛嗣(たいら の もりつぐ)は、平安時代末期の平家方の武将平盛俊の次男。父同様平家の郎党として勇名を馳せた。

 
平盛嗣
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 不詳
死没 建久5年(1194年
別名 越中次郎兵衛(通称)
主君 平清盛宗盛
氏族 伊勢平氏
父母 父:平盛俊
兄弟 盛綱盛嗣
気比道弘の娘
盛長

生涯編集

平家物語』では「越中次郎兵衛盛嗣」の通称で呼ばれ、平家においてその豪勇を称えられる名将であった。源氏との数々の戦に参戦し、水島の戦いでは源義清を討ち取り、屋島の戦いでは源義経の郎党である伊勢義盛との詞戦(簡単に言えば嘲笑合戦)の逸話を残している。

寿永4年(1185年)の壇ノ浦の戦いで、盛嗣は自害を快く思わず京の都に落ち延び、その後但馬国で潜伏生活へ入った。盛嗣は城崎郡気比庄を本拠とする日下部道弘(気比道弘)に身分を偽り、馬飼いとして仕えたと言われている。その後、盛嗣は道弘の娘婿となり、平穏な落人生活を送っている。しかし鎌倉方は盛嗣の行方を厳しく追及しており、源頼朝は「越中次郎兵衛盛嗣、搦めても誅してもまいらせたる者には勧賞あるべし」と皆に披露したとされる記述が『平家物語』(延慶本)にもある。

建久5年(1194年)、盛嗣は源氏方に捕縛され、鎌倉に送られることとなった(捕縛された状況には諸説ある)。盛嗣は頼朝の面前に引き出された際に「今は運尽きてかように搦め召し候上は、力及び候はず。とくとく道を召せ」と堂々と自説を述べ、ついに由比ヶ浜にて斬首された。

関連項目編集