幻想的ワルツ』(ロシア語: Вальс-фантазия)は、ミハイル・グリンカ1839年に作曲したワルツ。原曲はピアノ独奏曲であるが、現在では管弦楽曲として有名である。演奏時間は約7分。

概要編集

1839年当時、グリンカは妻であるマリヤ・ペトロヴナとの結婚生活が破綻し、オペラ皇帝に捧げた命』の成功により任命された宮廷合唱団楽長の職も、上司である監督官アレクセイ・リヴォフ[1]との関係が円滑ではなく、仕事への情熱をも失い、自宅にほとんど戻らず親しい友人の家を泊まり歩いていた。この時、知り合ったのがエカチェリーナ・ケルン(ロシア語: Екатерина Керн、1818 - 1904)[2]という若い女性で、グリンカは聡明な彼女に夢中になり、彼女のためにいくつかの作品を作っている。このワルツもそのうちの一つで、ピアノ曲『ワルツ』として発表され、エカチェリーナに献呈された[3]

グリンカのピアノ演奏により評判になったこの曲は、ウィーンからサンクトペテルブルクにやって来て、指揮者として活躍していたドイツ人のヨーゼフ・ヘルマン(ゲルマン)が管弦楽に編曲し、パヴロフスク駅の演奏会で盛んに演奏したため、「パヴロフスクのワルツ」と呼ばれて有名になった[4]

グリンカは、1844年にロシアを離れパリに向かったが、1845年4月10日にパリで行われた演奏会のために、この曲を自身で編曲し直し『ワルツ・スケルツォ』の題名で演奏している。

その後、ヘルマン編曲版もグリンカの最初の編曲版も失われてしまったため、グリンカは亡くなる前年の1856年に再度、管弦楽編曲を行い決定版とした。この版は1856年4月5日にサンクトペテルブルクで演奏されている。

後年、グラズノフチャイコフスキーらが作曲したワルツの原点ともいうべき作品である。グラズノフは1913年ミハイル・レールモントフ戯曲仮面舞踏会』の付随音楽を手掛けた際、幻想的ワルツを劇中で使用している[5]

セルゲイ・リャプノフによる四手連弾用の編曲も知られている。

編成編集

フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、バストロンボーンティンパニトライアングル弦五部

曲の構成編集

ロ短調ロンド形式。力強い斉奏の序奏の後、ヴァイオリン、木管でワルツ主題Aが奏される。短い経過句を挟んで一旦結句となった後、流麗な主題Bが現れるが、再びAが登場し高揚する。次に主題Cが現れしばらく奏され、もう一度Aが顔を出した後、ホルンに新しい主題Dが登場、後半は弦のスタッカートがリズムを刻む。続いて主題Bが再び奏され、主題Aで一旦締め括る。その後、トライアングルを伴う軽妙な主題Eがしばらく奏された後、最後は主題Aを振り返り力強く終わる。

演奏時間は約9分。

脚注編集

  1. ^ ロシア帝国国歌神よツァーリを護り給え』の作曲者。
  2. ^ アレクサンドル・プーシキンに多大な影響を与えたアンナ・ケルン(ロシア語: Анна Керн、1800 - 1879)の娘。
  3. ^ ただし、出版の際の楽譜にはグリンカの義弟(妹の夫)への献辞が印刷されている。
  4. ^ この編曲版は『ワルツ・メランコリーク』という題名だったが、グリンカも絶賛していた。
  5. ^ アラム・ハチャトゥリアンの証言。 ユゼフォーヴィチp.82-83。

参考文献編集

  • Hoflich社 Study Score 104
  • 作曲家別名曲解説ライブラリー22『ロシア国民楽派』(1995年 音楽之友社ISBN 4-276-01062-4
  • 森田稔『ロシア音楽の魅力』(2008年 東洋書店)ISBN 978-4-88595-803-8
  • 日本・ロシア音楽家協会 編『ロシア音楽事典』(2006年 カワイ出版)ISBN 978-4-7609-5016-4
  • ヴィクトル・ユゼフォーヴィチ『ハチャトゥリヤン-その生涯と芸術』(音楽之友社) ISBN 4-276-22670-8

外部リンク編集