庵原 忠胤(いはら ただたね)は、戦国時代武将今川氏の家臣。駿河国庵原城主。

 
庵原忠胤
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
官位 安房守
主君 今川義元氏真
氏族 由比氏庵原氏
父母 父:由比忠任
養父:庵原忠職(忠次とも)
兄弟 由比安忠由比忠徳由比忠国忠胤
養兄弟:忠縁
元政?
テンプレートを表示

略歴編集

由比氏から庵原忠職の養子に入り家督を継いだ。

天文10年(1541年)、甲斐国を追放され今川家が保護していた武田信虎が、永禄4年(1561年)に今川氏真に対する謀叛の企てを阻止し、駿河から追放するのに功をなした。永禄11年(1569年)、武田信玄が駿河に侵入すると、先陣として由比で抗戦するが敗れた(薩埵峠の戦い)。

なお今川義元の側近として有名な太原雪斎は義叔父にあたる。

関連作品編集