メインメニューを開く
建国忠霊廟全景
建国忠霊廟拝殿

建国忠霊廟(けんこくちゅうれいびょう)とは、満州国に殉じた死者を祀った宗教施設、慰霊施設。いわば満州国版「靖国神社」である。

建国神廟摂廟とされ、満州国祭祀府が所管するが、建国神廟とは異なり神社形式ではない。

目次

概要編集

 
建国忠霊廟を描いた記念切手

1940年(康徳7年)9月18日、新京の大同大街の南端に鎮座・創建された。

神体は、建国神廟と同様の白銅製の紐付きの丸鏡である(大きさは建国神廟のものよりも小さい)。

社殿は中国風を基調とする建築で、屋根は瑠璃瓦葺であった。本殿、拝殿、回廊、角楼などで構成されていた。

満州国郵政は1942年3月1日に建国宣言10周年を記念して3種類の記念切手を発行[1]したが、2分、4分、2角のうち前者の2種類の額面で当該建築物を描いたデザインである。

建物であるが2008年に訪問した日本人によれば[2]、資材置場の敷地内に放置状態にあるが現存していたという。

祭祀編集

恒例祭祀編集

  • 大祭
    • 春季例祭(5月31日)
    • 秋季例祭(7月15日)
  • 中祭
    • 建国祭(3月1日)
    • 祈穀祭(穀雨日)
    • 元神祭(7月15日)
    • 嘗新祭(10月17日)
  • 小祭
    • 月旦祭(毎月1日)
    • 月例祭(毎月15日)
    • 歳暮祭(12月31日)

臨時祭祀編集

  • 大祭
    • 遷座祭
    • 合祀祭

参考文献編集

  • 満州国史編纂刊行会編『満州国史 総論』満蒙同胞援護会、1970年
  • 嵯峨井建「満州国の神社とラストエンペラー溥儀」別冊宝島Ex『神道を知る本』宝島社、1993年
  • 嵯峨井建「建国神廟と建国忠霊廟の創建」神道宗教第156号、1994年

脚注編集

  1. ^ 日本に承認された記念日である9月15日にも2種類発行
  2. ^ 郵趣2009年2月号

関連項目編集

外部リンク編集