建築をめざして』(仏:Vers une architecture)は、フランスの建築家ル・コルビュジエによる初期の代表的な著作。

原著は1923年に『エスプリ・ヌーヴォー』誌等の記事をまとめ出版されたもので、本書の「住宅は住むための機械である」という言葉は、余りにも有名である。

日本語訳は、抄訳で『建築をめざして』(吉阪隆正訳、鹿島出版会SD選書)、大判の新訳版『建築へ』(樋口清訳、中央公論美術出版)がある。

関連項目編集