弦楽四重奏曲第8番 (ベートーヴェン)

弦楽四重奏曲第8番 ホ短調 Op.59-2は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン1806年に作曲した弦楽四重奏曲。ベートーヴェンはラズモフスキー伯爵の依頼によって弦楽四重奏曲の依頼を受けた。そのようにして作曲された3曲の弦楽四重奏曲はラズモフスキー四重奏曲としてOp.59として出版された。これはその2曲目に当たるのでラズモフスキー第2番と呼ばれる。

概要編集

これらの3曲はOp.18の6曲とは作風・スケールなどによって大きな隔たりを持つ。形式の拡大、徹底した主題労作や統一、またロシア民謡の採用もみられ、今までにない異例の長大さを示す。それはもはや室内楽の規模ではなく、交響的な音世界を表現している。この第2番はその中でもいくらか小規模なものであるが、唯一短調を採り、形式が圧縮された内省的なものである。

曲の構成編集

第1楽章 Allegro
ソナタ形式。第1主題は和音連打に始まり、線的で断片的な旋律が続く。第1主題の提示の後、それがすぐにナポリ調のヘ長調で繰り返される点は、ベートーヴェン中期の特徴も一つである。
第2主題 Molto Adagio 深い感情をもって
ホ長調、ソナタ形式。ツェルニーは、この楽章はベートーヴェンが星のきらめきを想像して書いたと伝えている。和声的な第1主題と、いくらか律動的な第2主題からなり、それはどちらも非常に感慨深いが、ここでも主題労作の技法は有効的に用いられている。
第3楽章 Allegretto
スケルツォ。主部はリズミカルであり、Maggiore(ホ長調)の中間部はロシア民謡の旋律が使われている。なおその旋律は後にムソルグスキーオペラボリス・ゴドゥノフ」において、リムスキー=コルサコフが『皇帝の花嫁』第1幕第3場で、チャイコフスキーが『マゼッパ』第3幕の前奏曲(「ポルタヴァの戦い」)で、アントン・アレンスキーが弦楽四重奏曲第2番第3楽章で、ラフマニノフピアノ連弾のための6つの小品第6曲で、それぞれ使用した。
第4楽章 Presto
ロンドソナタ形式。主題はホ短調であるが、明確にハ長調によって開始され、ユニークである。よって第1主題の再現の際には必ずハ長調への解決が導かれる。第2主題はロ短調を採るが、全体はきわめてコンパクトに有機的にまとめられ、無駄がない。コーダはPiu Prestoとなり加速し、力強くホ短調のまま終わる。

外部リンク編集