メインメニューを開く

張 梁(ちょう りょう、? – 184年)は、中国後漢末期の人物。黄巾党の指導者の一人。兄は張角張宝。人公将軍と自称した。

張梁
黄巾
人公将軍(自称)
出生 生年不詳
冀州鉅鹿郡
死去 中平元年(184年
広宗
拼音 Zhāng Liáng
主君 独立勢力
テンプレートを表示

兄達と共に黄巾の乱を起こし、反乱軍を指揮して朝廷の討伐軍を苦しめた。張角の病死後も軍を引き継いで討伐軍と戦ったが、張角が病死したことで勢いづいた討伐軍を抑えきれず、184年10月、広宗にて皇甫嵩に敗れ戦死した。


関連項目編集