張 震(ちょう しん、? - 253年10月[1])は、中国三国時代の人物。祖父は張昭。父は張承。母は諸葛瑾の娘。妹は孫和の妃。叔父は張休。『三国志志に僅かな記述がある。

生涯編集

244年、父が死去すると、後を継いだ(『三国志』呉志「張昭伝」附「張承伝」)。

253年、諸葛恪孫峻の策謀により誅殺された時、共に誅殺された人物の中に都郷侯の張震の名がある(『三国志』呉志「諸葛恪伝」)。都郷侯はかつて父が封じられたとの記載がある爵位である(『三国志』呉志「張昭伝」附「張承伝」)。

張氏の子孫の記述は、これ以降『三国志』には見られなくなる。『晋書』には、祖父の曾孫であるとされる張闓の伝があるが、その父も祖父も名が明らかではない(『晋書』「張闓伝」)。

脚注編集

  1. ^ 『三国志』呉志「三嗣主伝」

参考資料編集

  • 『三国志』
  • 『晋書』