張 麗華(ちょう れいか、? - 589年)は、南朝陳最後の皇帝陳叔宝(後主)の貴妃(側室)。

『百美新詠図伝』張麗華

経歴編集

貧家に生まれて、父兄は莚織りを生業とした。陳叔宝が皇太子となると、麗華は選抜されて東宮に入った。龔良娣の下で給使をつとめていたが、陳叔宝に見初められて寵愛を受け、子の陳深を生んだ。後主が即位すると、麗華は貴妃に立てられた。後主が賓客たちを召して遊宴を開くと、麗華は宮女たちを推薦して参加させたので、後宮でも麗華は人気があった。また厭魅の術を好んで、鬼道で後主を眩惑し、あやしげな祭祀を宮中に置いた。妖巫の使者たちが身辺を出入りして、宮廷外の情報をもたらし、俗世間で起こった事件をいち早く知って後主に伝えたため、ますます麗華は尊重され、一族も多くが任用された。589年禎明3年)、軍が建康の台城を陥落させると、麗華は後主とともに井戸に隠れていたが、隋軍によって出された。隋の晋王楊広(後の煬帝)は麗華を斬るよう命じ、青渓中橋に掲示させた。

後世において、民間で神格化されて桂花の神として祀られる。

伝記資料編集

脚注編集

陳書』巻7 列伝第1 後主張貴妃名麗華(中略)及隋軍陷臺城,妃與後主俱入于井,隋軍出之,晉王廣命斬貴妃,牓於青溪中橋