メインメニューを開く

彰信可汗(しょうしんかがん、拼音:Zhāngxìnkĕhàn、? - 839年)は、回鶻可汗国の第12代可汗[1]。可汗号はアイ・テングリデ・クト・ボルミシュ・アルプ・キュリュグ・ビルゲ・カガン(Ay täŋridä qut bolmiš alp külüg bilgä qaγan)[2]といい、より彰信可汗の称号(美称)を加えられた。即位前の称号は胡特勒(こテギン)[3]

生涯編集

大和6年(832年)、昭礼可汗がその配下に殺されると、従子の胡特勒が立って可汗となり、唐に使者を送ってこのことを報告した。明年(833年)、唐は左驍衛将軍の唐弘実を遣わして嗣澤王溶とともに節を持たせ、胡特勒を冊立して愛登里羅汨没蜜施合句録毘伽彰信可汗とした。

大和9年(835年)6月、太和公主の所に馬射女子7人、沙陀小児2人を献上した。

開成836年840年)の初め、回鶻宰相で安允合という者がおり、特勤(テギン)の柴革とともに彰信可汗簒奪を欲したが、彰信可汗に発覚し、柴革と安允合は殺された。

開成4年(839年)、宰相の掘羅勿(キュレビル、Küräbir)[4]は彰信可汗が柴革と安允合を誅殺したことを怨み、沙陀族を招き寄せて彰信可汗を攻めたため、彰信可汗は自殺した。国人は㕎馺特勤[5]を立てて可汗とした。

可敦(カトゥン:皇后)編集

  • 仁孝端麗明智上寿可敦(太和公主)…憲宗の娘で、穆宗の10番目の妹。レビラト婚によって彰信可汗に嫁ぐ。

脚注編集

  1. ^ 資料によっては第11代。
  2. ^ 「月天の聖霊より幸を授かりし勇猛にして誉れ高き賢明なるカガン」の意。
  3. ^ 特勒(テギン、特勤、Tägin)とは、突厥や回紇における皇太子もしくは王子に与えられる称号
  4. ^ 九姓回鶻の一姓。
  5. ^ 「㕎」は「厂+盍」と書く。

参考資料編集

  • 旧唐書』(列伝第一百四十五 迴紇)
  • 新唐書』(列伝第一百四十二下 回鶻下)
先代:
昭礼可汗
回鶻可汗国の可汗
第12代:832年 - 839年
次代:
㕎馺特勤