メインメニューを開く

徳川 治興(とくがわ はるおき)は、江戸時代中期の尾張藩の世嗣。官位従三位左近衛権中将

 
徳川治興
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦6年11月25日1756年12月16日
死没 安永5年7月8日1776年8月21日
改名 慶之助(幼名)→睦篤→治興
戒名 天祐院
墓所 愛知県名古屋市建中寺
官位 従三位左近衛権中将
尾張藩世嗣
氏族 尾張徳川家
父母 父:徳川宗睦
母:近衛家久長女・転陵院
兄弟 治休治興
養兄弟:治行純姫勇丸琴姫
敬之助斉朝
婚約者:鷹司輔平娘・房君

生涯編集

9代藩主・徳川宗睦の次男として誕生した。幼名は慶之助元服後、父・宗睦より1字を受けて睦篤(ちかあつ/よしあつ)と名乗った。

安永元年(1772年)、10代将軍・徳川家治に拝謁し、従四位下・左近衛権少将・兵部大輔に叙任する。翌安永2年(1773年)、兄・治休が早世したため嫡子となり、家治の偏諱を受けて治興に改名し、従三位・左近衛権中将に叙任する。

安永5年(1776年)には鷹司輔平の娘・房君と婚約した。しかし治興も兄同様、当時の流行病にかかって早世した。享年21。代わって、支藩美濃高須藩の藩主で治興の従弟にあたる松平義柄(徳川治行と改名)が養子に迎えられ、嫡子となった。

法号は天祐院。墓所は建中寺愛知県名古屋市)。