忠貞可汗(ちゅうていかがん、拼音:Zhōngzhēnkĕhàn、? - 790年)は、回鶻可汗国の第5代可汗。氏は薬羅葛(ヤグラカル)氏、名は多邏斯(タラス)。可汗号はテングリデ・ボルミシュ・キュルグ・ビルゲ・カガン(Täŋridä bolmiš külüg bilgä qaγan)[1]で、より忠貞可汗の称号を加えられた。

目次

生涯編集

武義成功可汗の子として生まれる。

貞元5年(789年)12月、汨咄禄長寿天親毘伽可汗[2](武義成功可汗)が薨去したため、子の多邏斯(タラス)が立ち、国人たちは彼を「泮官特勒」[3]と号した。は3日間廃朝し、鴻臚卿郭鋒に節を持たせて弔問させるとともに、多邏斯を冊立して愛登里邏汨没蜜施倶録毘伽忠貞可汗[4]の称号を授けた。

貞元6年(790年)4月、忠貞可汗は少可敦の葉公主に毒殺され、忠貞可汗の弟が篡立して可汗となった。しかし、まもなく彼らも国人たちに殺され、忠貞可汗の幼子である阿啜(アチュル?)が立てられ、可汗となった。

妻子編集

可敦(カトゥン:皇后)
  • 咸安公主
  • 少可敦の葉公主…僕固懐恩の孫で、回鶻葉護(ウイグル・ヤブグ)の娘。

脚注編集

  1. ^ 「天より授かりし誉れ高き賢明なるカガン」の意。
  2. ^ クトゥルグ・長寿天親・ビルゲ・カガン(Qutluγ 長寿天親 bilgä qaγan)の「クトゥルグ・ビルゲ・カガン」とは「幸を得たる賢明なるカガン」の意。
  3. ^ 特勒(テギン、Tägin)とは、突厥や回紇における皇太子もしくは王子に与えられる称号
  4. ^ アイ・テングリデ・クト・ボルミシュ・キュルグ・ビルゲ・忠貞・カガン(Ay täŋridä qut bolmiš külüg bilgä 忠貞 qaγan)とは「月天の聖霊より幸を授かりし誉れ高き賢明なる忠貞カガン」の意。

参考資料編集

  • 旧唐書』(本紀第十三 徳宗下、列伝第一百四十五 迴紇)
  • 新唐書』(列伝第一百四十二上 回鶻上)
先代:
武義成功可汗
回鶻可汗国の可汗
第5代:789年 - 790年
次代:
奉誠可汗