忽那 通著(くつな みちあき)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将河野氏の家臣。板島水軍の将。伊予国忽那山城主。

 
忽那通著
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正7年4月15日1579年3月10日
官位 式部少輔
主君 河野通宣通直
氏族 忽那氏
父母 父:忽那通乗
兄弟 通著通恭通実
通光
テンプレートを表示

略歴編集

忽那通乗の子として誕生。

永禄8年(1565年)、豊後国大友義鎮が伊予に侵攻すると、河野氏の指示を受け、来島通康村上武吉らと共に大友軍を撃退した。天正元年 (1573年)、大野氏長宗我部元親に降ると、その討伐に出陣した。天正年間には、畿内を制圧した織田信長の軍勢が中国地方にも進出し、各地で毛利氏と衝突を繰り返すようになった。通著は村上水軍らと共に毛利氏の支援を行い、大友氏の牽制のために豊後周辺にも出陣している。天正7年(1579年)、大野直之が長宗我部元親に通じて河野氏に謀反を起こすと、その鎮圧に出陣したが、花瀬城を巡る戦いにて討死した。

嫡男が幼かったため、弟・通恭家督を継ぐが、羽柴秀吉四国攻めにおける高峠城の戦いで、小早川隆景の軍と激戦の末に討死した。弟・通実金子城にて討死し、一族のほとんどは滅亡した。

関連項目編集