メインメニューを開く

「悪徳」 (あくとく)は、日映により1958年(昭和33年)に製作され、大映の配給で同年2月19日に公開された日本映画。モノクロ/スコープ/102分。船山馨の原作を「現代人」の猪俣勝人が脚色、佐分利信が監督・主演し、撮影を東宝、独立プロの作品を手掛ける木塚誠一が担当した社会劇。出演は新派の水谷良重、「七人の侍」の木村功、「金環蝕」の大塚道子、福田妙子、三津田健など。なお、本作は日映で製作された2本の映画の内の1作品であり、スタジオは独立プロ系の調布映画撮影所。

悪徳
監督 佐分利信
原作 船山馨
製作 曽我正史
出演者 佐分利信、木村功、清水一郎、大塚道子、水谷良重
音楽 佐藤勝
撮影 木塚誠一
製作会社 日映
配給 大映
公開 日本の旗 1958年2月19日
上映時間 102分
製作国 日本の旗日本
言語 日本語
テンプレートを表示

スタッフ編集

出演編集

参考文献編集

  • 「調布・映画小史」(著:市川久夫/刊:調布史談会/1990年)
  • キネマ旬報」1958年3月上旬号

関連項目編集

外部リンク編集