メインメニューを開く

悼公(とうこう、? - 紀元前485年)は、春秋時代の君主。姓は姜、諱は陽生。

悼公 姜陽生
公(周制における爵位は侯)
王朝
在位期間 前489年 - 前485年
姓・諱 姜陽生
諡号 悼公
没年 前485年
景公
后妃 季姫

生涯編集

斉の景公の子として生まれた。紀元前490年9月に景公が死去して、晏孺子荼が斉公として即位すると、陽生は翌月にに亡命した[1]紀元前489年10月、陽生(悼公)は田乞らに迎えられて斉公として即位した[2]。悼公は魯の季孫肥(季康子)の妹である季姫を迎えようとしたが、季孫肥が渡そうとしなかった。このため悼公は紀元前487年の5月に鮑牧中国語版に命じて魯に侵攻させ、讙と闡を奪った。悼公はに魯への出兵を要請した。しかし魯とのあいだに和平が結ばれ、9月に魯の臧賓如がやってきて盟を交わし、斉からは閭丘明が魯に赴いて盟を交わした。魯は季姫を斉に送り、悼公は季姫を寵愛した。悼公は鮑牧を潞に移して殺させた。12月、悼公は讙と闡を魯に返還した[3]紀元前486年、悼公は呉に対して魯への出兵要請を撤回する使者を送った。このため呉とのあいだが険悪になった[4]紀元前485年、呉・魯・・郯の連合軍が斉の南郊を侵した。3月戊戌に悼公は斉の人に殺害された[5]

脚注編集

  1. ^ 春秋左氏伝』哀公5年
  2. ^ 『春秋左氏伝』哀公6年
  3. ^ 『春秋左氏伝』哀公8年
  4. ^ 『春秋左氏伝』哀公9年
  5. ^ 『春秋左氏伝』哀公10年による。『史記』斉太公世家では悼公が鮑子に殺されたとするが、『春秋左氏伝』では鮑牧はすでに哀公8年に殺害されている。