惟宗 公方(これむね の きんかた、生没年不詳)は、平安時代中期の貴族明法博士惟宗直本または勘解由次官惟宗直宗の子。官位正五位下・明法博士。

経歴編集

右衛門権少志を経て、醍醐朝の後期の延長4年(926年)以前に明法博士に任ぜられる。以降、醍醐・朱雀村上冷泉の四朝30年以上に亘って明法博士を務める。この間、主計助大判事勘解由次官民部少輔左衛門権佐などを兼帯した。

村上朝の天徳2年(958年天皇奏上した勘文に失錯ありとされ、左衛門権佐兼明法博士から大蔵権大輔左遷される[1]。しかし、天徳4年(960年)頃には明法博士に復帰した。最終官位は明法博士正五位下

著作に『本朝月令』がある。

官歴編集

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『日本紀略』天徳2年10月10日条
  2. ^ 『類聚符宣抄』269頁
  3. ^ 『小野宮年中行事』
  4. ^ 『政事要略』353頁
  5. ^ 『政事要略』673頁
  6. ^ 『政事要略』161頁
  7. ^ 『政事要略』565頁
  8. ^ 『政事要略』666頁
  9. ^ 『政事要略』498頁
  10. ^ 『政事要略』432頁
  11. ^ 『勘例』
  12. ^ 『政事要略』465頁
  13. ^ 『日本紀略』
  14. ^ 『九暦抄』
  15. ^ 『類聚符宣抄』272頁
  16. ^ a b 『惟宗系図』(東大史料編纂所蔵)

参考文献編集