メインメニューを開く

愛子宿

江戸時代、現在の仙台市愛子にあった宿場

愛子宿(あやししゅく)は、日本の江戸時代陸奥国宮城郡上愛子村下愛子村にまたがって置かれた宿場である。仙台藩が設定した西道の宿駅の一つで、現在の宮城県仙台市青葉区愛子中央・上愛子・下愛子・愛子東のそれぞれ一部にある。

解説編集

中世まで、現在の仙台から西に向かう街道としては、青葉山丘陵を越えて蕃山丘陵の北麓にそって蛇行し、南よりに山道に分け入る最上古街道があった。

17世紀初めに仙台藩は、仙台城がある青葉山を通さず、北に迂回して広瀬川沿いに道を開き、愛子盆地をほぼ直線で東西に突っ切る街道を設定した。西道と呼ばれたこの街道に設けられたのが、愛子宿である。中世の町を継承したものではなく、宿駅機能のために近在から移転させて作った町と考えられる。上愛子村下愛子村の境界で、両村にほぼ半々にまたがる立地であった[1]。東西に延びる道の両側に家並みが並ぶ町であった。

この街道は明治時代から作並街道と呼ばれ、第2次世界大戦後は国道48号に引き継がれ、20世紀末に道路指定の変更で愛子宿の箇所は国道457号になった。仙山線愛子駅から南に少し離れ、鉄道と並行して走る道路が昔の宿場にあたる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 菊地武一「山麓宿場町愛子駅の構造」(東北大学地域社会研究会『宮城県の地理と歴史』第1巻、国書刊行会、1982年)48頁。

座標: 北緯38度16分15.5秒 東経140度45分45.0秒 / 北緯38.270972度 東経140.762500度 / 38.270972; 140.762500