愛河(あいが)は台湾南部を流れる河川高雄市仁武区に源を発し、高雄市の中心を流れて台湾海峡に注ぐ。

愛河
Ddm 2004 017 Love River.jpg
高雄市街を流れる愛河
各種表記
繁体字 愛河
簡体字 爱河
拼音 Àihé
注音符号 ㄞˋ ㄏㄜˊ
発音: アイホー
台湾語白話字 Ài-hô
テンプレートを表示

日本統治時代には打狗川と呼ばれ、1920年に打狗の町が高雄と改称されて以降は高雄川高雄運河に変わった。

戦後まもなく「愛河游船所」というレンタルボート屋が中正橋付近に開業したが、台風により店の看板のうち愛河の二文字だけが残った状態のまま運河上で入水自殺事件が発生、報道の過程で看板が河川名と誤認されたことで、現場の運河名が愛河であるという誤報が広く伝わってしまったものの、長らくその呼称が定着した。1968年に高雄市長楊金虎中国語版によって仁愛河と命名されたが、1992年に定着した呼称を追認する形で愛河と正式に改称された[1]

河川沿いに整備された緑道は、1917年の打狗市区計画変更によって設けられたものが基礎となっている[2]公園道路に分類される遊歩道である[3]

夕方4時から運行している遊覧船「愛之船」(愛の船)によるナイトクルーズも名物[4]

脚注編集

  1. ^ 高雄市を流れる河川、愛河の名称はどこから?70年前の誤報と関係が”. Taiwan Today (2018年11月23日). 2019年7月21日閲覧。
  2. ^ 楊平安; 平野侃三 「高雄市の日本植民地時代における公園緑地計画の歴史的展開(平成13年度 日本造園学会研究発表論文集(19))」 『ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture』 社団法人日本造園学会、451-456頁、2001年。ISSN 13408984http://ci.nii.ac.jp/naid/110004305178/ 452頁。
  3. ^ 前掲 (楊 & 平野 2001, p. 455)
  4. ^ 高雄 愛河クルーズ”. 魔法網際(股)有限公司. 2017年5月6日閲覧。