慕容 友[1](ぼよう ゆう、生年不詳 - 362年)は、五胡十六国時代前燕の人物。昌黎郡棘城県の出身。前燕の燕王慕容皝の子。

生涯編集

348年11月[2]、燕王慕容皝が亡くなり、慕容儁が後を継いで、燕王に即位した。慕容友は左賢王に封じられた。

354年4月、范陽王に封じられた。

征東将軍・冀州刺史に任じられた。

362年6月[3]信都で征東参軍劉抜に刺殺された。

家系編集

編集

兄弟編集

姉妹編集

  • 慕容氏 - 拓跋什翼犍にとついだ
  • 慕容氏 - 余玄にとついだ
  • 新城公主 - 蘭審にとついだ

脚注編集

  1. ^ 『資治通鑑』では、慕容交と記されている。
  2. ^ 『十六国春秋』巻26では、349年1月と記されている。
  3. ^ 『十六国春秋』巻28では、362年7月と記されている。

参考文献編集