憬興(きょうごう)は、新羅の人で法相宗である。7世紀後半の人だとされるが、詳細は不明。

著書編集

  • 無量寿経連義述文賛』3巻 - 『述文賛』と略称される。
    • 源信は『往生要集』において、『無量寿経連義述文賛』を引用している。引用箇所は、『無量寿経連義述文賛』の書名ではなく「憬興師云」・「興云」・「憬興師疏」と記されている。
    • 親鸞は『教行信証』や『浄土三経往生文類』において、『無量寿経連義述文賛』を引用している。引用箇所は、『無量寿経連義述文賛』の書名ではなく「憬興師云」と記されている。

外部リンク編集