メインメニューを開く

戎座人形芝居館(えびすざ にんぎょう しばいかん)は、兵庫県西宮市にあった、えびす信仰と関連した傀儡師(くぐつし)の人形芝居をテーマとした資料館。2012年12月末に閉館した。

西宮傀儡師(摂津名所図会
戎座人形芝居館の位置

目次

えびすかき編集

西宮神社の境内には、人形操りの祖神が祭られている。「えびすかき(夷かき)」というのは、箱の上で、一人で人形を操るもので、文楽淡路人形浄瑠璃の祖形とされている。また、傀儡師たちは、人形芝居を行いながら、全国を行脚したが、その源流は、えびす信仰の中心であった西宮神社にあった。

成り立ち編集

阪神大震災ののち、西宮中央商店街は、往時の200軒から店舗数が60軒余に激減する。また、震災からの復興の過程で、駅前に位置する当地には、高層マンションが林立するようになる。そのような中、商店街の有志によって、2005年に「くぐつ再興ぷろじぇくと」が発足する。その後、人形芝居「えびす座」が結成される。活動の拠点としての常設館開設の願いをこめ、兵庫県の「復興プロジェクト」に応募し、2008年6月、開館に漕ぎ着ける。

館長の頼田稔は、阪神人形劇連絡協議会の事務局長も兼任する。副館長の武地秀実は、西宮中央商店街の副理事長を兼ねる(2009年11月現在)。

活動編集

  • 毎週月曜日、水曜日 - 狂言公開稽古
  • 毎週木曜日 - 定期催し
  • こま回し - 第2土曜日
  • 人形劇 - 第3土曜日
  • 紙芝居・マジック - 第4土曜日
  • 落語 - 第4金曜日

他に、淡路人形浄瑠璃のワークショップなどの活動あり。

所在地編集

開館時間編集

  • 11:00 - 17:00

入館料編集

  • 原則的に入館無料。ただし、落語寄席は500円(2009年11月現在)。また、講座に参加した場合は、材料費などが必要な場合あり。

休館日編集

  • 火曜日。

交通アクセス編集

外部リンク編集