メインメニューを開く

戦旗』(せんき)は、1928年5月から1931年12月にかけて刊行されていた日本の文芸雑誌である。全41号。プロレタリア文学の作品の重要な発表舞台となっていた。

戦旗
Senki1930-2.jpg
1930年2月号。エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)所蔵品。
ジャンル 文芸・総合
刊行頻度 月刊
発売国 日本
言語 日本語
出版社 戦旗社
発行人 山田清三郎(1928年5月~1930年8月)
壺井繁治(1930年9月~11月)
上野壮夫(1930年12月~1931年12月)
刊行期間 1928年5月1日(1928年5月号) - 1931年12月30日(1931年12月号)
テンプレートを表示

1928年、当時プロレタリア文学の陣営は、いくつかの団体が乱立していた。その中で、日本共産党の影響を強く受けていた、〈日本プロレタリア芸術連盟(プロ芸)〉(中野重治たちが所属)と、〈前衛芸術家同盟(前芸)〉(蔵原惟人たちが所属)とは、3月15日のいわゆる〈三・一五事件〉の弾圧をきっかけに、組織の合同をはかり、全日本無産者芸術連盟(ナップ)を結成した。その機関誌として発行されることになったのが雑誌『戦旗』であった。

『戦旗』は、小林多喜二の「一九二八年三月十五日」「蟹工船」、徳永直の「太陽のない街」などの話題作を次々と掲載し、プロレタリア文学の代表的な雑誌となった。発禁処分もしばしば受けたが、処分が出る前に定期購読者への直接頒布や、発売と同時に購入する読者たちに支えられて、発行を継続できた。

1929年からは独立した戦旗社が発行母体となり、1930年には「労農大衆のための政治的アジプロの雑誌」として、ナップから完全に独立した雑誌として発行を続けた。この時期には〈壁小説〉と呼ばれる短い作品への試みもなされた。一方、ナップは新たに機関誌として『ナップ』を発行した。

1931年に、日本プロレタリア文化連盟(コップ)へと、運動が発展し、『ナップ』が『プロレタリア文化』・『コップ』へと発展的解消をとげていくなかで、『戦旗』は終刊を迎えた。

別冊から発展した姉妹誌として、『少年戦旗』『婦人戦旗』も刊行された。

参考文献編集

『復刻版 戦旗』解題(祖父江昭二執筆、1977年)

外部リンク編集