メインメニューを開く

戸塚 廉(とづか れん、1907年7月12日 - 2007年9月)は、教育運動家。

静岡県生まれ。静岡師範学校卒。掛川市で小学校教員となり、1930年同人誌『耕作者』を創刊。1932年新興教育同盟準備会に参加、1933年検挙され免職。上京して池袋児童の村小学校の講師となり、1935年『生活学校』を刊行。戦後は掛川市で『おやこ新聞』を発行。息子は掛川市議を務めた郷土新聞社会長・戸塚秀雄。孫の戸塚猛実が『郷土新聞』を継承している。

著書編集

  • 『新しいPTA読本』新評論 1957
  • 『いたずら教室』講学館 1959 日本の子ども文庫
  • 『親も人間子も人間』明治図書出版 1960 母と教師を結ぶ文庫
  • 『教師へ 国民からのねがい』麦書房 1961
  • 『日刊新聞を作る子どもたち』実業之日本社 1961
  • 『いたずらっ子バンザイ たくましい子に育てる教育』あすなろ書房 1970
  • 『子どもを見る目』国土社 1971 ホームライブラリー
  • 『民主学校をつくる子どもたち』あすなろ書房 1971
  • 『小先生の発見 いたずら教育学』栗田出版会 1973
  • 『おやこ新聞 もうひとつの教育』日本放送出版協会 1974 NHKブックス
  • 『学級文化の開拓』明治図書出版 1976 生活指導選書
  • 『はじける子どもの目』あすなろ書房 1976
  • 『いたずらの発見 野に立つ教師五十年1』双柿舎 1978
  • 『児童の村と生活学校 野に立つ教師五十年2』双柿舎 1978
  • 『戦後地域改革とおやこ新聞 野に立つ教師五十年3』双柿舎 1978
  • 『民間教育運動の底流 江津三代記』エムティ出版 1991

共編編集

  • 『学級通信・学級新聞活動入門』川合章共編 明治図書出版 1969

参考編集